• home
  • introduction
  • photo
  • system
  • topics
  • moon
  • tenmomkyokai
  • Link


  •  感動のアメリカ皆既日食写真集 



    アイダホ州レクスバーグで皆既日食の撮影を行いました。

    当日は朝から快晴、午前10時15分ごろから太陽が欠け始めました。


    皆既直前、突然眩いばかりのダイヤモンドリングが輝きました。

    そしてダイヤの輝きが消えると明るい流線状のコロナが広がります。

    2分17秒のショー、再び明るいダイヤが輝き感動的な皆既日食がくり広げられました。


    画像は拡大してご覧いただけます。


     

     第2接触 ダイヤモンドリング 



    〇 ダイヤモンドリングを約30秒間、1秒間隔1/640秒で連写しました。

     


    平成29年8月21日(現地)11時32分頃 

    ニコンD7200 ISO200 露出1/640秒

    BORG50FL 400mm F8

    CD−1ポータブル赤道儀 フォトショップエレメンツで画像処理


    〇 連続写真 眩いばかりのダイヤがだんだん小さくなっていきます

     


     

     大きく広がる幻想的なコロナ



    〇 コロナ撮影@ 輝度の違う10フレームをコンポジットし画像処理しました。

     


    平成29年8月21日(現地)11時33分〜 

    ニコンD7200 ISO200 露出1/2秒〜1/2000 多段階露光

    BORG50FL 400mm F8

    CD−1ポータブル赤道儀 ステライメージ ローテーショナル・グラディエント処理


    〇 コロナ撮影A 露光1/30秒1フレームを画像処理しました。

     1枚のRAW画像だけでも雰囲気が出るようです。

     


    平成29年8月21日(現地)11時34分頃 

    ニコンD7200 ISO200 露出1/30

    BORG50FL 400mm F8

    CD−1ポータブル赤道儀 フォトショップエレメンツで画像処理


     

     第3接触 ダイヤモンドリング



    〇 ダイヤモンドリングを約30秒間、1秒間隔1/800で連写しました。

     


    平成29年8月21日(現地)11時35分頃 

    ニコンD7200 ISO200 露出1/800秒

    BORG50FL 400mm F8

    CD−1ポータブル赤道儀 フォトショップエレメンツで画像処理


    〇 連続写真 だんだんダイヤが大きく輝き、プロミネンスが綺麗です

     


     

    アメリカ皆既日食 全過程



    〇 全過程A

    ダイヤの輝きからコロナの広がりへ、再び輝くダイヤの姿です。

     


    〇 全過程B

    部分日食 変化する太陽の様子を記録しました。

     


     

    夏の星雲星団写真集はこちらから


    夏の星雲星団写真集

     

    掲載情報


    2017 9.27 アップデイト

     

     

    inserted by FC2 system